しあわせのつぼ(!)
ロスタイムライフ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2006/10/15(日)   CATEGORY: ジャニーズ。
ことばのちから
わたし、高校受験の時に海外の高校調べまくってたの
懐かしいな~

本気で高校3年間海外で勉強したいと思ってて
それを親に言ったときいきなし否定してかかられるかと思ったけど
以外にも視野に入れてくれてるようなことばを返されてビックリしたの覚えてる笑

3年間日本じゃないところで過ごして
高校3年間の卒業資格をもらえるところでとか色々調べた
アイルランド、オーストラリア、アメリカ、、、、、
世界共通語が英語だし、聞きなれてるのも英語だし、
とりあえず英語が喋れるようになりたいと思ってたし
日本にない色んな国の雰囲気が大好きですごくすごく触れたかった

よくしてもらってた先生とかからは
「絶対10代のうちに行ったほうがいいから、頑張りなさい」なんて言ってもらったりしてた

自分が「今だ!」って思ったときじゃないとタイミング逃すと難しいかな
行こうと思えば行けるといわれればそうなんだけど
会社辞めたりとかやっぱり大きくなればなるほど難しいと思う
わたしは、結局年間にかかる金額が300万、それ以上ってことで
下に妹もいるし金銭的な問題で断念したけど大学で行けたらなって思ってるよ

だから、なんで今?っていうのはそれは違うかなぁって
10代の頃からずっとあった彼のその気持ちというのは
22歳の今が彼にとってギリギリだったんじゃないかなぁとふと思ったりしました
勝手な憶測だけどね

自分の経験上からわたしが思うことなのであれですが
「あのタイミングしかなかった」とかっていうのは
目的果たした後に自分で振り返ってみて言う言葉ですよね





>>2日目

学校で何したかとかどんな風にしてたかとか一切覚えてないです。
かと言って赤西仁で埋め尽くされてたというわけでもなく
空っぽでした

帰ってきてwebで公式の文また読んで
このまま、この文章1枚だけで行かれたらたまらんなぁと
そんなこと思ってたら、ゴチが始まって・・・・・
見てる時に会見するっていうのを知ったんだけど
それを知った、ただそれだけでありえないぐらいホッとした

でも、やっぱり真っ白でひたすら音楽かけて音楽に包まれてました
BEPかけてどっか目つぶって適当なとこでリピかけようと思って
止まった曲が『DON'T LIE』だった、あら素敵なタイトル笑
(大文字と小文字、どんんな表記か忘れちゃった;)
仁クンがどんな表情で臨むのかなとか少しドキドキしてたけど
怖くはなかったよ

だって、いつかはこうなるんだろうなってどこかで思ってて
知らないうちに「覚悟」というものが固まっていたから笑



>>記者会見

NEWS ZEROしか見てないんですよね汗。朝は死んだように眠ってたし;
さっき、ワイドショー講座のトップで出た会見の映像で
違うこと話してるとこ見れたから良かったです

”らしい”会見だったなと。初っ端から噛むし笑
でも、もっとびしっと決めてくれればよかったのになぁとも。
彼の言葉で彼の変わらない確かな気持ち聞けたので良かったんだけどね。
だって何度も言うけど!あれだけで行かれたら冗談抜きで枯れてたよ;

この会見見てもやっぱり「仁は戻ってこないな」って気持ちは変わらなかったけどね

女性問題に触れられた辺りでこれ以上突っ込まれないようにかゆっくんと田口の登場!笑
それはないですなんて否定してたときの笑顔が何ともいえなかったが笑
ゆっくんの手を、こっちって引く仁の手。
やっぱり仁にここに居てほしいなんて思ったりしちゃった

ほんとにどこに行っても書いてあった「信じて待つ」という言葉
赤西クンは何て愛されてるんだろうなぁと感じずにはいれなかったよ
わたしも信じてます、信じてますとも!
だけどそれは彼が帰ってくるのを信じるってのとは違うんだな
わたしが信じているのは、ずっとずっと行きたいと思っていた
仁の行きたいその場所で彼が思い描いている何かをつかんできてくれること

ずっとずっと仁のことばに触れるのを避けてきた
もうすっかりお馴染になった「プライベートの充実」という言葉
最初は「そっか、良かったなぁ」って思ってたのに
聞けば聞くほど、じゃあわたしたちは何なの?ウザくて重い存在なの?
そんなことばかり思っちゃって、仁の言葉が恐かった

本当にそうなって欲しいとはもちろん思えるわけなかったけど
そんな気持ちずっと抱えてるならこの仕事辞めちゃえばとも思ったりした
思い出すと悲しくなるような目をしてた時もあったしね
仁、きっと完璧にこの仕事、心から楽しいとは思ってなかったと思う
だけど、それでも、「歌うことが好きだ」ってそう言う仁が
わたしは何より一番好きだった

ほんとにギリギリだったと思う、仁がそう感じてたかは分からないけど
こういうことって考え出したらほんとに苦しい。
「今」を振り切って進むのかとか、今現在置かれている状況とか、
考え出したら右から左から上から下から、何か見えないものに
ひどく圧迫されて何かが迫ってくるみたいで本当に苦しくなる
だけどこういう形で今行けるってことで楽になったんじゃないかなー
「迷いはありません」そうはっきり、一番堂々としてた言葉だと思う

向こうで、無事に健康でいてくれるならそれでいいよ
気をつけて楽しんでいっぱい笑って悩んでまた笑ってくれたらな
ほんと、それだけだよ

他のメンバーがすみませんでしたと強く言ってるのに
まったくしっかりしろよーとか思ったりしちゃったわたしですが
ぜひとも人間としても成長してきていただきたい!語学だけじゃなくてね!
でも絶対成長するよね、わたしでも成長できるよ絶対笑
22歳の、この『今』だからこそ感じれることいっぱいあるんだろうね
色んなもの振り払って行くわけだしね


気をつけて!いってらっしゃい

スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © しあわせのつぼ(!) all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。